お風呂・サウナ編

【さいたま清河寺温泉】生源泉湯に入って源泉のパワーをいただいちゃいましょう

1月もあと1週間程で終わっちゃう!

正月気分はいつの間にかどこかへ行ってしまい、平々凡々な日常を過ごしています。

今月は仕事的にちょい暇になるかと思ったんですが、ちょこちょこ新しいことにチャレンジ!

毎日が有意義です。

スパ銭生活も順調。

1月2日(木)の花火後はビジネスホテルの大浴場になっちゃったけど、それを除けばちゃんと一日一湯してます。

にゃんこ3兄弟
にゃんこ3兄弟
キュピのスパ銭生活、ゆったりマッタリ楽しんでるニャーね!

仕事帰りに寄るっていうのがいいんだよね!

仕事でイヤなことがあっても、家に持ち帰らないのがキュピスタイル。

スパ銭行ってあれこれデトックスしてから帰宅するから、家ではのんびりくつろげるんだよね!

知り合いに紹介してもらった『清河寺温泉』をご紹介

ってことで、今回のお風呂をご紹介。

今回訪れたスパ銭は・・・

さいたま市西区にある『さいたま清河寺温泉』です。

仕事仲間に紹介してもらい清河寺温泉に行くようになりました。

一時期は週1で行ってたんですが、ここ1年は不定期になってしまい、今回の来館は数か月ぶりでした。

今回は風呂友と2人で行ったんですが、風呂友が行ったことがないところってことで、清河寺温泉に行くことになりました。

入館料金、営業時間が記載されています。

大人は平日720円、土・日・祝は820円ですが、回数券は10枚綴りで6,500円でしかも土・日・祝も使えるとのことなので、回数券はとてもお手頃ですね!

『清河寺』の歴史が書いてある!歴史深い場所なのかな。

それよりも、温泉についての方が気になるぅ!

ただ温泉に入るのと、どんな温泉かを知ってから温泉に入るのでは、全然温泉の味わい方が違うよねぇ!

時刻は23時15分。

閉館まで2時間弱。ゆったりマッタリしてきまっす!

オイラはもちろん、左の男湯に入りまーーーす(*^^*)

『清河寺温泉』の温泉分析書

こちらの温泉分析書ですが、残念ながら更衣室内に温泉分析書があるため、キュピメモしましたよ!

お店のHPにも温泉分析書が見られるようになっているんで、詳細はHPをチェックしてね!

さいたま市西区『清河寺温泉』の温泉分析書

泉温 38.3℃

pH値 7.9

溶存物質(ガス成分のものを除く) 4.104g/kg

ナトリウムイオン 92.50ミリバル%

塩素イオン 85.69ミリバル%

カピさん
カピさん
ほほぉ~~~ん!源泉温度が25℃以上だから、『温泉』『療養泉』の規定値をクリアしてるっすね!

『療養泉』には泉質名がつくんだよ!

では、こちらの温泉の泉質名は・・・

源泉温度が25℃以上かつ溶存物質(ガス性のものを除く)が1000mg/kg以上

なので、塩類泉!

塩類泉であれば、陽イオン、陰イオンが20ミリバル%以上のものに注目!

こちらの温泉の泉質はズバリ、『ナトリウム-塩化物温泉』です!

pH7.5以上→→→クレンジング効果

塩化物泉→→→保湿・保温効果

pH値が高いほど肌の角質をとるはたらきは強いですが、弱アルカリ性の温泉(清河寺温泉の場合はpH7.9の弱アルカリ性)は適度な刺激で美肌効果が高いと言われていますよ!

いろんなお風呂をご紹介

キュピの『清河寺温泉』のお気に入りポイント

①竹林に囲まれた露天風呂が楽しめる!

竹林を眺めながら寝湯や寝ころび湯でゆったりマッタリ!

冬は寝ころび湯は寒いけど、寒くなければめっちゃ気持ちいい!

寝湯は全身お湯に浸かれるので、竹林の風景を楽しみながらポカポカできますよ!

②生源泉湯が楽しめる!

露天風呂には源泉の岩風呂やあつ湯、つぼ湯がありますが、キュピが一番好きなのは生源泉湯です!

生源泉湯は言葉通り、『生の源泉湯』です。加温や循環ろ過、塩素消毒はしていないんです!

地下約1500mから湧き出た38.3℃の源泉を『加温せず』『循環ろ過せず』『塩素消毒せず』かけ流しで楽しむことができる、これが生源泉湯なんですね!

内湯には檜の湯船がありますが、檜風呂では高濃度炭酸温泉が楽しめます。

高温サウナでじっくり汗を流して、水風呂で整えるのもいいですね!

まとめ

さいたま清河寺温泉はナトリウム-塩化物温泉

『No加熱、No循環ろ過、No塩素消毒』の生の源泉湯を楽しむことができます。

帰るときに入り口にこの看板が!

もちろん、また来ますよ!

こちらの記事も読んでね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください