温泉旅

“ゆ~ゆ”でgetした草津温泉1泊2日でめっちゃお得な気分になりました!

お風呂で得するアプリ“ゆ~ゆ”で大変お得なものをget!

昨年の11月29日(日)、仕事から帰ってきて郵便ポストを見たらこんなものが入ってました!

目録!

“ゆ~ゆ”で何かが当たったんだ!

何が当たったんだろう。

草津旅行ペアご招待だって!

すごいよキュピちゃん!

宿泊券が当たるのは生まれて初めてです。

目録が届いたのは秩父旅行の前日。

秩父旅行のわくわく気分と草津旅行が当たったハッピー気分で、この日は寝れなかった・・・訳ないよね。

ところで、“ゆ~ゆ”とは何か・・・

“ゆ~ゆ”はお風呂情報誌で、いろいろな温浴施設にも置いてあります。

そのお風呂情報誌のアプリなんですが、アプリでポイントをためるとクーポンや温浴施設のペア招待券などと交換ができます。

またアプリに利用頻度に応じて毎月実施される“ゆーゆ抽選会”に参加ができます。

特別賞(1名):近畿日本ツーリスト ツーリスト旅行券20,000円 or 温泉旅行1組2名宿泊券

ゆーゆ賞(26組52名):温浴施設ペア招待券

ゆーゆ賞は何回か当たったことあるんですが、特別賞は初めてです。

まさか草津旅行が当たるとは!

目録には“利用期間2021年1月29日(金)まで”となってましたが、仕事の休みが取れなかったり、コロナの影響もあったので、旅行会社にお願いして、今回4月5日(月)~6日(火)に草津に伺うことになりました。

4月5日、6日は両日ともにお休み。

ちょうど月、火がお休みの友達を連れて草津に行くことになりました。

いざ、草津へ!“喜びの宿 髙松”に宿泊!

旅行当日は寒く、午前中は雨も降ってました。

でも、友達と待ち合わせして草津に向かうにつれて天気が回復。

めっちゃ旅行日和です。

草津に行く途中に寄りました。

道の駅八ッ場ふるさと館からの吾妻川。

めっちゃいい景色。

そしてめっちゃいい天気。

ポカポカいい陽気でした。

15分ほど散歩して、のんびり風景を満喫。

時間があればもっとマッタリしたかったですが、ここはガマンです。

草津までもうすぐ。

今回、草津に伺うのは2回目でしたが、1回目は助手席。

自分が運転して草津に伺うのは初です。

草津に近づくにつれてワクワク感増量。

さぁ、着きましたよ!

“喜びの宿 髙松”です。

3年前にも一度泊まったことがある宿です。

また同じ旅館に泊まることができて幸せです。

お部屋はこんな感じです。

角部屋でした。

のんびりマッタリくつろげそうです。

夕食まで時間があるので草津散歩。

旅館から歩いて数分で湯畑に到着。

めっちゃ硫黄の匂いですね。

湯畑からのんびり歩いて行くと、こんなところに来ちゃいました。

おっ、湯気が見えますね。

温泉の滝でございます。

この先には1湯目の“西の河原露天風呂”があります。

夕飯です。

美味しそうですね。

何から食べていいか迷っちゃう。

おおっ、奥には肉があるぞ!

お肉はすきしゃぶで美味しくいただきました。

海鮮と鶏肉のバター陶板焼きかな。

こちらも美味しかったですよ。

夕食後の湯畑です。

ライトアップされています。

まだ春休みなのか、若者たちや家族連れで賑わっていました。

湯畑散策の後、草津在住のTwitterのフォロワーさんにお会いして、温泉でマッタリしてきましたよ。

温泉入った後は、フォロワーさんおすすめの星空がめっちゃきれいに見える場所に連れて行ってもらいました。

空までの距離がめっちゃ近い!

普段見ている星空と比べものにならないくらい、たくさんの星たちを見ることができました。

湯畑近くにあるお店“湯畑温泉プリン”

Twitterフォローさせてもらっています。

どれを買っていこうかなぁ・・・

今回は、1番人気の湯畑プリン湯もみプリンを購入しました。

湯もみプリンです。

自宅で美味しくいただきました。

舌触り滑らか、美味しいプリンでした。

草津温泉の源泉たちをチェック!

今回の草津旅行で旅館のお風呂、日帰り入浴ができる温浴施設、共同浴場、計7か所の温泉を巡ることができました。

※1か所はTwitterのフォロワーさんに連れて行った公共浴場で、今回は記載しておりません。

喜びの宿 髙松

温泉分析書です。

旅館の許可をいただき撮影しました。

源泉名:湯畑

泉温:51.3℃

pH値:2.1(酸性)

泉温が25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く):1.65g/kg

1g/kg以上なので、塩類泉です。

20ミリバル%以上のイオンは・・・

アルミニウムイオン:20.14ミリバル%

硫酸イオン:54.16ミリバル%

塩化物イオン:35.63ミリバル%

水素イオンも20ミリバル%以上(36.54ミリバル%)ですが・・・

酸性泉であり、塩類泉でもある場合、水素イオン以外に陽イオンに20ミリバル%以上のものがない場合は、泉質名に“水素”を加える。

こんなルールもあるんですね。

今回はアルミニウムイオンが20ミリバル%以上なので、源泉名に“水素”は加えません。

ただ、水素イオンは8.91mg/kgと水素イオンの規定値1mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“酸性”と反映されます。

総硫黄(硫化水素イオン+チオ硫酸イオン+遊離硫化水素)

=0+0+7.1=7.1mg/kg

規定値の2mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“含硫黄”と反映されます。

また、遊離硫化水素が主成分硫化水素型です。

泉質名は“酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)”です。

広い内湯があります。

露天風呂です。

貸切でした。

外は気持ちよく、露天風呂も気持ちいいです。

壷湯もあります。

ひとり風呂でのんびりマッタリ。

広めの檜風呂も独占できちゃいました。

西の河原露天風呂

めちゃんこ広い露天風呂です。

【営業時間】

4月1日~11月30日 7:00~20:00(最終入館19:30)

12月1日~3月31日 9:00~20:00(最終入館19:30)

【入場料】

大人 600円

子供 300円

温泉分析書

源泉名:万代鉱源泉

泉温:96.5℃

pH値:1.66(酸性)

溶存物質(ガス性のものを除く):3.304g/kg

水素イオン:54.82ミリバル%

硫酸イオン:54.16ミリバル%

塩化物イオン:35.63ミリバル%

※温泉分析書にはミリバル&ミリバル%が記載されていなかったので、温泉1kg中の成分量を利用してミリバル、ミリバル%を調べてみました!

泉温は25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く)は1g/kg以上なので、塩類泉です。

泉質は“酸性-塩化物・硫酸塩温泉”です。

酸性泉であり、塩類泉でもある場合、水素イオン以外に陽イオンに20ミリバル%以上のものがない場合は、泉質名に“水素”を加える。

上記のルールに従うなら、“酸性-水素-塩化物・硫酸塩温泉”が正しいかな。

西の河原露天風呂に行く途中の風景です。

あたり一面温泉です。

川じゃないんですよ。

温泉なんですよ。

湯畑に負けない素晴らしい風景です。

大滝乃湯

【営業時間】

9:00~21:00(最終入館20:00)

【入場料】

大人 900円

子供 400円

温泉分析書

源泉名:煮川源泉

泉温:45.0℃

pH値:2.15(酸性)

溶存物質(ガス性のものを除く):1.434g/kg

アルミニウムイオン:23.58ミリバル%

硫酸イオン:55.88ミリバル%

塩化物イオン:34.54ミリバル%

※温泉分析書にはミリバル&ミリバル%が記載されていなかったので、温泉1kg中の成分量を利用してミリバル、ミリバル%を調べてみました。

泉温が25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く)は1g/kg以上なので、塩類泉です。

水素イオンは7.95mg/kgと水素イオンの規定値1mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“酸性”と反映されます。

総硫黄(硫化水素イオン+チオ硫酸イオン+遊離硫化水素)

=0+0+10.0=10.0mg/kg

規定値の2mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“含硫黄”と反映されます。

また、遊離硫化水素が主成分硫化水素型です。

泉質は“酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉”です。

髙松でgetした無料入浴券でくつろいできました。

ピース、ピースです!

御座之湯

【営業時間】

4月1日~11月30日 7:00~21:00(最終入館20:30)

12月1日~3月31日 8:00~21:00(最終入館20:30)

【入場料】

大人 600円

子供 300円

温泉分析書①

源泉名:湯畑源泉

泉温:51.3℃

pH値:2.06(酸性)

溶存物質(ガス性のものを除く):1.648g/kg

アルミニウムイオン:20.14ミリバル%

硫酸イオン:45.45ミリバル%

塩化物イオン:29.97ミリバル%

泉温が25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く)は1g/kg以上なので、塩類泉です。

水素イオンは8.91mg/kgと水素イオンの規定値1mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“酸性”と反映されます。

総硫黄(硫化水素イオン+チオ硫酸イオン+遊離硫化水素)

=0+0+7.1=7.1mg/kg

規定値の2mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“含硫黄”と反映されます。

また、遊離硫化水素が主成分硫化水素型です。

泉質は“酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉”です。

温泉分析書②

源泉名:万代鉱温泉

泉温:96.5℃

pH値:1.66(酸性)

溶存物質(ガス性のものを除く):3.304g/kg

水素イオン:54.82ミリバル%

塩化物イオン:44.04ミリバル%

硫酸イオン:36.96ミリバル%

泉温が25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く)は1g/kg以上なので、塩類泉です。

水素イオンは26.0mg/kgと水素イオンの規定値1mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“酸性”と反映されます。

泉質は“酸性-塩化物・硫酸塩温泉”です。

正しくは、“酸性-水素-塩化物・硫酸塩温泉”ですかね。

御座之湯は2種類の源泉を同時に味わうことができるお風呂屋さんです。

2階には広い畳のお休み処があります。

大の字になってゆっくりお休みできますね。

お休み処からの1枚。

目の前には湯畑があります。

手前にあるのは・・・

白旗源泉です。

草津にはたくさん源泉があるんですね。

白旗源泉を源泉とするお風呂は・・・

白旗乃湯

公共浴場“白旗乃湯”です。

白旗源泉から歩いてすぐ。

10秒?

20秒?

温泉分析書です。

年季あるなぁ。

源泉名:白旗源泉

泉温:50.8℃

pH値:2.1(酸性)

泉温が25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く):1.66g/kg

1g/kg以上なので、塩類泉です。

20ミリバル%以上のイオンは・・・

水素イオン:36.30ミリバル%

アルミニウムイオン:20.04ミリバル%

硫酸イオン:54.61ミリバル%

塩化物イオン:35.19ミリバル%

また、水素イオンが8.91mg/kgで規定値1mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“酸性”と反映されます。

総硫黄(硫化水素イオン+チオ硫酸イオン+遊離硫化水素)

=0+0+7.7=7.7mg/kg

規定値の2mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“含硫黄”と反映されます。

また、遊離硫化水素が主成分硫化水素型です。

よって、泉質名は“酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)”です。

中はこんな感じ。

アツアツです。

もうひとつお風呂があります。

こっちは白く濁ってますね。

目の前は普通に人が通っているので、ドキドキな感じです。

地蔵の湯

公共浴場“地蔵の湯”です。

髙松から割と近くにある公共浴場です。

源泉名:地蔵の湯

泉温:48.4℃

pH値:2.1(酸性)

泉温が25℃以上なので温泉であり、療養泉です。

溶存物質(ガス性のものを除く):1.63g/kg

1g/kg以上なので、塩類泉です。

20ミリバル%以上のイオンは・・・

水素イオン:36.82ミリバル%

アルミニウムイオン:20.74ミリバル%

硫酸イオン:55.62ミリバル%

塩化物イオン:34.05ミリバル%

また、水素イオンが8.91mg/kgで規定値1mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“酸性”と反映されます。

総硫黄(硫化水素イオン+チオ硫酸イオン+遊離硫化水素)

=0+0+6.9=6.9mg/kg

規定値の2mg/kg以上なので、泉質名には特殊成分として“含硫黄”と反映されます。

また、遊離硫化水素が主成分硫化水素型です。

よって、泉質名は“酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)”です。

浴槽は3~4名入れる広さかな。

地蔵の湯の源泉が浴場前にあります。

目がよくなるのかな。

眼精疲労も気になるし、視力も気になるし、よくなるかなぁ。

まとめ

草津温泉は【酸性-水素-塩化物・硫酸塩温泉】【酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)】の2種類の泉質があります。

酸性泉硫黄泉など、特殊成分を含む療養泉は、刺激の強い温泉です。

刺激の強い温泉は湯あたりに注意です。

酸性泉は特に湯あたり注意ですよ。

  • ボディーソープなどで体は洗わない方がいい
  • 入浴後はシャワーなどで体についた温泉を流した方がいい

刺激が強い温泉は、あえて肌の角質を残して入浴した方がよくボディーソープなどで体を洗う必要はないです。

2日間温泉入って、オイラの肌がチクチク感じたんだけど・・・

刺激の強い温泉に入った後は、単純温泉などのやさしい温泉で仕上げたいけど、草津温泉にはそれがないので、入浴後は温泉成分をシャワーなどでよく洗い流し十分に拭きとるのが大切です。

硫酸塩泉肌の蘇生効果ありありの若返りの湯。

美人の湯です。

塩化物泉保温効果保湿効果血行促進が期待できます。

肌の乾燥を防いでくれるって有難いですね。

あっという間の2日間でしたが、たっぷり草津を満喫できました。

また近い将来、草津に行きたいです。

こちらの記事も読んでね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください